プロレスとデリヘルを愛する変態趣味の部屋

子供の頃から大好きだったプロレスと大人になってから大好きになったデリヘルの夢のコラボレーション

*

デリヘルも新日本プロレス三種のトップを目指す

      2016/12/02

王者に相応しいものが生き残る

新日本プロレスの中で象徴を意味するものがIWGPヘビー級王座で、大舞台の大会でトリを飾るのもこの王座戦だ。
王座にはIWGPヘビー級王座のベルトが授与される。レスラーは皆この王座になりたくてこのベルトを巻きたくて日々試合に臨みキャリアーを積んでいく。デリヘルでもランキングの上位に食い込もうと努力をしている女の子がいるのと同じことでもある。
IWGPヘビー級王座は新日本プロレス創始者アントニオ猪木が最強の男を決めるという考えのもと創設されたもので、その王者に授与されるベルトは黄金に輝く新日本プロレスの象徴が巻くにふさわしい高価なものだ。
もちろんヘビー級タッグ王座やジュニアヘビー級王座、ジュニアヘビー級タッグ王座もあるが、ここではシングルマッチのヘビー級王座に関してのみ述べていく。

デリヘルも新日本プロレス三種のトップを目指す

新日本プロレスのヘビー級王座は現在三つ有り(無差別級も含む)、
新日本プロレス創世期から存在するIWGPヘビー級王座(以下IWGP)、IWGPインターコンチネンタル王座(以下インターコンチ)、NEVER無差別級王座(以下NEVER)この3つだ。
インターコンチは2011年海外マットにおいてのIWGPヘビー級王座としての位置付けで新設されものである。
当時はベルトの部分が黒色でバックルの部分がは銅色でパッとせず、またそれを巻いた選手も華が無くベルトの価値も客受けも低かった。
その後当時の王者、後藤洋央紀を中邑真輔が破りベルトを奪取。
中邑はそのベルトを10円玉みたいだと揶揄し王者の権限で新調させた。ベルトの部分を白色にバックルの部分を金色に変更。
中邑がベルトを巻いてからインターコンチの価値が急激に上がっていった。
中邑の強さや試合運びスター性もあるが、入場時や試合中における独特のスタイルやパフォーマンス、そして勝利後のマイクアピールやバックステージでのコメントなどで「滾る」「イヤァーオッ!」などの名言を生み出し、さすがにデリヘルでは通じないがファンの中では流行語ともなっている。
最強・象徴のIWGPと違って、自由・変化を受け入れるという中邑の理念から挑戦者も多彩な顔ぶれで、常に刺激ある試合もファンに支持され、今ではIWGPに引けを取らないインターコンチとなっている。

次にNEVERであるが、これもまた新設されたばかりのものである。
このNEVERのベルトの価値を高めたのが石井智宏である。
もともとNEVERの提唱者は内藤哲也であったが、内藤の夢はIWGPであり、NEVERの王座という実績を足掛かりに再びIWGP戦線に躍り出ることが目論見でNEVERへのこだわりはさほど無かった。
石井にとってみれば今までどれだけ辛酸をなめてきたことか。実力が有りながらもファンに支持されずタイトルマッチは勿論ながら出場機会にも恵まれず、
前回「プロレスの魅力」で触れたがファンに受け入れられないことから興行的には向かず、会社からも見放さられた存在であった。
会社を見返してやる、そんな反骨精神だけが石井のモチベーションとなり生き様となっていった。
石井は今回二度目のNEVERのタイトルマッチだったが並々ならぬ覚悟で内藤に挑んだ。
なぜなら初めてNEVERに挑戦した際、当時王者だった田中将斗と激闘を繰り広げ、デリヘル嬢顔負けのハードコア色の強い内容で、負けはしたが田中と共に吹き込んだベルトの価値を内藤に見下されている思いがあったからだ。
そして何よりも自分の存在意義。石井の覚悟と内藤への腹立たしい感情、内藤からすれば格下のこんな奴にという感情が相見え、試合は壮絶な死闘となった。
石井が王者になったことにより、華麗な試合ではなくゴツゴツとした武骨な男臭いNEVERとなり、それがNEVERの色となった。
IWGPは新日本プロレスの象徴。インターコンチはIWGPへの挑戦状。NEVERは新日本プロレスへの挑戦状。これが新日本プロレス三種の王座の違いだと私は思う。

これはデリヘル店でも言えることで、看板の女の子が一人だけだとその子だけにお客が集中してしまうので、
看板級の女の子を複数在籍させることにより興味を分散させ収益を伸ばすという同じ原理ではないだろうか。
デリヘルにはなかなかプロレス談義に花をさかせるという女の子には未だに巡り合ったことはないのだが、レベルでいうと個人的にはベルトを渡したいくらいである。
ビギナーも王道の戯れなら最新の風俗情報はデリヘルにかぎる!!

 - プロレスLOVE

  関連記事

狙うならデリヘル嬢か実況アナウンサーか
狙うならデリヘル嬢か実況アナウンサーか

試合中に大切な実況アナウンス プロレスラーと実況アナウンサーの抗争は様々挙げられ …

マットデリヘルと風俗嬢よりもリング下の疑問
マットデリヘルと風俗嬢よりもリング下の疑問

デリヘル嬢を呼びふと疑問になった 先日、マットプレイができるというデリヘルに予約 …

デリヘルでジャパンカップを振り返る
デリヘルでジャパンカップを振り返る

デリヘルでもプロレスでも新人が輝く デリヘルを利用した頃に、新日本プロレスにおい …

デリヘルで好きなプロレスラーについて風俗嬢に語る
デリヘルで好きなプロレスラーについて風俗嬢に語る

お気に入りのデリヘル嬢と好みのお話 子供の頃に受けた影響というのは後々にも残るも …

デリヘルは上からドンより壁ドンの人気が高い
デリヘルは上からドンより壁ドンの人気が高い

プロレス界でもデリヘルにもいる天然ボケ 新日本プロレス所属選手、中西学。 元アマ …

デリヘルで忘れられない風俗嬢とレスラー
デリヘルで忘れられない風俗嬢とレスラー

影の立役者はデリヘル嬢同様辛いな 新日本プロレスの中で忘れてはいけない存在の一人 …

デリヘルで試合の勝者を風俗嬢と大予想
デリヘルで試合の勝者を風俗嬢と大予想

デリヘルでもプロレス人気が再発 新日本プロレスにおいて近年毎年春に行われる春の最 …

デリヘルの風俗嬢よりも刺激的な技
デリヘルの風俗嬢よりも刺激的な技

プロレスラーは体を鍛えているし、受け身もちゃんと練習しています。デリヘルでも攻守 …

五反田デリヘルでネタになるマスクの秘密
五反田デリヘルでネタになるマスクの秘密

顔バレしてはいけない人たち 3.11の東北地方太平洋沖地震での寄付運動などを見て …

デリヘルに勝る過去の試合を振り返る
デリヘルに勝る過去の試合を振り返る

黄金期はデリヘル以上の盛り上がり 最近の新日本プロレスは確かに面白くデリヘルのよ …